カードローンで審査通過するためには?

カードローンの審査に落ちないために知っておきたいことは?

 

消費者金融や銀行系カードローンなどを利用する際には、まず最初に融資審査へ申込みをします。

 

店舗や自動契約機の場合は申込み書が置いてありますので、そこで記入し提出します。

 

携帯・スマホ・PCからの場合は審査申込み専用ページから必要項目を入力します。

 

これら申込書を参照して各金融機関では審査が行われます。

 

では、カードローンの審査に通過するためにはどんなことを注意すればよいのでしょうか?

 

まず最初に、「審査のときにウソの申告をしない」ということです。

 

中には、少しでもカードローンの審査に通る可能性を高めたいということで、ウソの個人情報を記入し提出する方も少なからずいるようです。

 

例えば、実際の年収は150万円なのにも関わらず、申込書には320万円と書いたり、他社からの借入件数が3件あるのに、1社のみと書いたりすることです。

 

しかしウソの情報を提出したところで、カードローンの審査に通りやすくなることは絶対にありません。

 

カードローン会社や金融機関では個人信用情報機関のデータベースにアクセスし、申込み者の個人情報を徹底的に調べます。

 

さらに同じサラ金業界内で共有しているデータベースもあります。

 

このように二重三重のチェックが行われることから、審査時のウソは必ずバレます。

 

実際の数字で提出しても審査をパス出来たことでも、ウソがあると信頼性を失いせっかくの融資実行を断られてしまうことになります。

 

ですので消費者金融や銀行系カードローンに審査の申込みをする際には嘘偽り無く正しい情報を記入するようにしましょう。

 

そのほかの審査時の注意点としては、「安定した収入」がちゃんと無いことには審査通過はできません。

 

「審査でウソをつかない」ということとあわせてよく覚えておきましょう。


 

人気の消費者金融としてモビットが挙げられます。

 

日本全国に設置されている自動契約機、またはインターネットを利用していつでも簡単に申込みをすることが出来ることで知られ、審査の上、即日にキャッシングカードが発行されます。

 

すぐにでもお金が必要な方は、モビットにまずは審査申込みをしてみてください。

 

モビットでは仕事をしていて定期的な収入があればお金を借りることが出来ます。

 

他の融資条件として満20歳以上という年齢制限があります。

 

では水商売という少々特殊な仕事をしていている方でもモビットでキャッシングをすることが出来るのでしょうか?

 

どうぞ夜のお仕事の方もご安心ください。

 

モビットでは水商売の方への融資も問題無く実行しています。

 

もちろん審査をパスしなければいけませんが、多重債務であったり、過去に他社にて返済遅延を繰り返していなければ概ね問題無いかと思います。

 

あと大切なのが在籍確認電話です。

 

水商売(飲食店勤務)と申込み書に記載していることが事実なのかをモビットが確認する電話です。

 

審査の段階で勤務先に電話がかかってきますが、本人がそこで働いていることが確認出来ればそれで終了です。

 

わざわざ本人が電話を取る必要もありません。

 

ちなみに個人名での電話ですのでモビット利用が同僚に知られることも無いのでどうぞご安心ください。

これから初めてアコムでキャッシングをしようと考えているのでしたら、是非ともインターネット申込みをご利用ください。

 

インターネットに接続の出来るパソコンはもちろんのこと、スマートフォンからでも審査申込みが可能であり、審査完了後すぐにお金を借りることが出来ます。

 

アコムの融資を受けるためには安定した収入が必要ですが、業種や雇用形態が影響して審査で落とされるようなことはありません。

 

とにかく収入があればどのような方でも基本的にはキャッシングが可能です。

 

もちろん派遣社員や契約社員でも問題ありません。

 

正社員とは異なる雇用関係となりますが、きちんと会社から給料をもらっており、他社からの借入額が総量規制を超えていなければ大丈夫です。

 

ただし、お金を借りれるかどうかは審査により判断されますので、確実に融資が可能とは限りませんのでご了承ください。

 

また申込書には必ず勤務先の名前と電話番号を記載することになります。

 

この内容が事実がどうかを確認するためにアコムでは在籍確認電話が行われます。

 

ただ個人名で電話をするだけですので、会社の同僚に消費者金融の利用がバレることはありません。

 

どうぞ安心してアコムに申込みをしてみてください。

消費者金融のアコムでは申込から審査完了までの流れをその日のうちに完了することが出来ます。

 

早ければ1時間程度となりますので、今すぐにまとまったお金を用意しなければいけないというケースが訪れた場合に大変便利な存在になります。

 

アコムでは収入があれば申込することが出来るのですが、農家の場合はどうなのでしょうか?

 

もちろん農家の方も収入を得ているワケですから、満20歳以上でしたらアコムでキャッシングは可能です。

 

農家ということで融資審査の基準が厳しくなることも無く、申し込み者全員に対して同様の審査基準で行っていますのでご安心ください。

 

ただし注意しなければいけないこととしまして、農家の場合には確定申告書の写しなどの収入が証明出来る書類を用意しなければいけません。

 

会社に務めるサラリーマンやOLさんなどが原則として身分証明証一点あれば利用することが出来るのですが、農家の場合は本当に農家として収入を得ているのかを証明しなければいけないのです。

 

少しでもスピーディーに審査を終わらせるためにも、申込時には予め身分証明証と確定申告書の写しを準備しておきましょう。

 

書類に不備があると審査を進めることが出来ませんのでご注意ください。

まず最初に書かせていただきますが、消費者金融のアコムでは水商売の方であってもカードローンの利用が可能です。

 

イメージ的に水商売では審査申込自体を断られてしまうと考えてしまうかもしれませんが、決してそんなことはなく、きちんと安定した収入を得ていれば水商売でもまとまったお金を借りることが出来ます。

 

世間的に水商売は経済的に豊かな生活をしているという印象があります。

 

でもこの記事を読んでくれている水商売の方ならわかるかと思いますが、結構お金に困ってしまうことってあるんですよね。

 

お店に給料の前払いをお願いする方もいるでしょう。

 

しかしお店に相談することが出来ない人もいるかと思います。

 

そんな時には今すぐにアコムへキャッシングの申込をしてみてください。

 

水商売という理由で融資を断られることは一切ありません。

 

満20歳以上で総量規制に引っかかっていなければ問題無いでしょう。

 

ただ審査時には職場に在籍確認電話が行われます。

 

在籍確認電話は昼間に行われますので、勤務先に電話に出れる人がいない可能性もあるでしょう。

 

在籍確認電話が完了しなければ審査に通りませんので、確実に電話に出れる人が勤務先にいる時に申込をするようにしましょう。

 

また申込時には身分証明証の準備も忘れないようにしてくださいね。